妊娠しやすい体作りのためには運動も大切!赤ちゃんを授かるために適した運動法2選

妊娠しやすい体質作りのためには、適度に運動をすることも大切です。いろいろな運動がありますが、ハードすぎるものよりも楽しく継続できて心身共にリフレッシュできるものが良いでしょう。どのような運動が適切であるか見ていきましょう。

血行促進!体を温めて妊娠しやすくなれるウォーキング

妊娠しやすい体作りとして、ウォーキングは続けやすい運動といえます。激しすぎずちょうど良い有酸素運動でもあり、体を温める効果も得られるのも良い点です。女性は冷え性の人が多いものですが、体が冷えると子宮も冷えてしまい妊娠しにくくなります。けれどもウォーキングを行うことで体がポカポカして子宮も温まり、冷え性の改善にもなるのです。 またいろいろな景色を見ながら歩くことで気分転換にもなり、日頃のストレスを発散することもできるでしょう。ストレスが溜まっていたり情緒不安定であったりするのも不妊の原因を作ってしまうので、体を動かしながらリフレッシュするのは大切なことなのです。

より効果の高いウォーキングにするためには、大きく手を振りながら大股で歩くと良いでしょう。また歩くコースをいろいろと変えてみたり、時にはちょっとした坂を上がってみるのも気分転換になり良い運動になります。しっかり水分補給しながらウォーキングを行うと、発汗作用が高まり代謝も良くなりますし、熱中症予防にもなるでしょう。

代謝も良くなる上に心身共に安定できるヨガを始めてみよう!

近年人気を呼んでいるヨガは、妊娠しやすい体作りのためにもおすすめの運動です。いろいろなポーズを取ることで体も柔らかくなり血行促進や代謝促進にもつながります。体の歪みを取り適切なストレッチを行うことで、子宮や卵巣への圧迫が解消されるというメリットもあるでしょう。血の巡りが良くなることも妊娠するためには大切です。

またポーズの中には、ホルモンバランスを整えたり生理不順を改善したりといった効用のものもあります。そうしたポーズを積極的に行うと良いですね。またヨガはポーズや瞑想によって心身共にリラックスして安定することができます。妊娠しやすい体質になるためには自律神経が安定していることも重要であり、ヨガはまさにそうした効果を得られる運動なのです。ストレスが溜まっている時などに行うことで、すっきりできますね。

ヨガはサロンでも行えますが、自宅でものんびりとマイペースにできるので、妊活中にも取り入れやすいでしょう。寝る前にも軽くヨガをすれば、ほど良い疲れと気分の安定により良い質の眠りを得ることができます。睡眠も妊活には大切なので、気持ちが落ち着かず眠れないときにはちょっとしたヨガや瞑想を行ってみましょう。

INFORMATION

2016/06/25
海外での卵子提供の実態 ページ更新しました。
2016/06/18
卵子提供によって出来た子供に産みの母親の遺伝子は受け継がれない?! ページ更新しました。
2016/06/11
不妊治療に欠かせない着床前診断とは? ページ更新しました。
2016/06/04
不妊の効果のあるお灸のツボの場所とその働きについて ページ更新しました。
2016/05/28
卵子提供をする際、男女の産み分けは可能なの?! ページ更新しました。
Page Top