卵子提供をする際、男女の産み分けは可能なの?!

子供の性別については、妊娠した夫婦や家族のほとんどの人が産まれる前に気になるところであり、次は男の子がいい、女の子がいい、といった希望は出てくるものです。様々な迷信があり、産み分けるための方法を実践する人がいますが、卵子提供際は産み分けできるのでしょうか。

卵子提供の際に行われる着床前診断とは?

卵子提供を使った不妊治療の場合、第三者から提供された卵子と夫の精子を受精させた受精卵を子宮内に戻す前に着床前診断というものが実施されます。 着床前診断では遺伝子の異常や数を検査し、子宮内に戻した後の流産の予防や、体外受精の妊娠率を高めることに繋がっています。実際に、ほとんどの先進国で行われている検査で、これまでに約5000人以上もの赤ちゃんが着床前診断を経て無事に生まれています。また着床前診断が原因で、赤ちゃんに悪影響が及んだという結果もありません。

そのため着床前診断では性別が男女のどちらであるかも調べることが可能なのです。性別の確認ができ、産み分けを希望している場合は、希望の受精卵のみを女性の子宮内に戻すのです。しかし、そこで性別に応じて子宮内に戻すか戻さないかを決めてしまう行為は「命の選別や差別になってしまうのではないか」といった批判的な声も挙げられています。また着床前診断は産婦人科化学協会で定められた条件を満たしている人のみが受けられる検査となっています。

性別を知るためだけに着床前診断を受けることは日本で不可能!

日本国内では着床前診断を受ける時は産婦人科化学協会に定められた規定に適応している場合に、申請し許可された人のみが受けられます。一般的には、重篤な遺伝子による障害が起こりうる可能性がある人のみとされています。そのため、男女の性別の産み分けを目的とした着床前診断は国内で厳しく禁止されているのです。

アメリカでは着床前診断を、男女の産み分けが目的だとしても受けることが可能です。実際に、どうしても産み分けをしたいという日本人が渡米し、着床前診断を受けたという実例もあります。しかし費用の面で日本国内であっても、1回の検査に約40万円ほどかかりますし、1度で妊娠が成功するという保証もないので、だいたい150万以上という、かなり高額な費用となります。また、渡米し着床前診断を受けることになると、最低でも検査のみで240万以上かかると言っても過言ではありません。また宿泊費や交通費もかかりますし、一度の渡米で検査が完了するものもありますが、大体は2回の渡米が必要となります。かなりの高額な費用が必要となるので、現状では、手軽に受けられるものではないでしょう。

INFORMATION

2016/06/25
海外での卵子提供の実態 ページ更新しました。
2016/06/18
卵子提供によって出来た子供に産みの母親の遺伝子は受け継がれない?! ページ更新しました。
2016/06/11
不妊治療に欠かせない着床前診断とは? ページ更新しました。
2016/06/04
不妊の効果のあるお灸のツボの場所とその働きについて ページ更新しました。
2016/05/28
卵子提供をする際、男女の産み分けは可能なの?! ページ更新しました。
Page Top