コツコツと着実に!漢方のすすめ

不妊治療には様々な方法がありますが、土台となるからだ作りが大切です。バランスの良い食事、適度な運動、規則正しい生活を基本とすると共に、漢方の力を借りて、体の不調を少しずつ改善し、妊娠しやすいからだ作りをしてみませんか。

漢方で見る原因、治療とは?

漢方でみる不妊の原因には、体の冷え、水毒(体に余計な水分が溜まった状態)、血熱症(血液が熱くなっている状態、のぼせやイライラなど)があります。

西洋医学は病気の物質や数値を見るのに対し、東洋医学は精神状態、顔色、体温など人全体をみて、からだの冷えや疲れ、ほてりなどの未病(病気になる手前の状態)に働きかける生薬(動物、植物、鉱物などの天然のもの)での治療をし、血虚(血が少ない)、?血(血がドロドロし、流れが悪い)、気虚(胃腸の働きが悪く、栄養を上手く吸収できない)のバランスを整え、妊娠しにくいからだを少しずつ元の状態に戻していきます。

西洋医学では、取り除かなければならない腫瘍や、細菌感染に適しており、治療効果は絶大ですが、体にかかる負担や薬の副作用も少なくありません。東洋医学はゆっくりと効果を発揮し、漢方の副作用も少ないのが特徴です。しかし少ないとはいえ、ほてりや手の冷え、不眠などの不快な症状がでる場合もありますので、まずは一度、婦人科で検査などをして不妊の原因を特定してから、自分に合った漢方を処方してもらいましょう。

不妊に効く漢方ってどんなものがある?

不妊の治療として使われる漢方のおすすめを紹介します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、月経不順、月経異常、冷え症、肉体疲労、めまい、立ちくらみに効果があります。血行を良くし全身に栄養を与え、利尿作用により余計な水分を排出します。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)は、無月経、生理不順、生理痛に効果があり、月経や出産で血液が不足しているという方におすすめです。血液を補い、血流を良くし、体を温めて体力をつけます。

芎帰調血飲第一加減(きゅうちちょうけついんだいいちかげん)は、女性ホルモンの変動による精神不安定、月経不順に効果があり、手足の冷え、イライラしやすいかたにおすすめです。

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)は、不妊症、生理不順、貧血、肉体疲労、冷え症に効果があります。また、生理周期を安定させ、無排卵時に排卵するきっかけを作ると言われています。

不妊治療は子供が欲しいと考えてからではなく、子供を産む可能性がある女性が、若い頃から体調を整えて、出産する時に備えておくことが大切です。

INFORMATION

2016/06/25
海外での卵子提供の実態 ページ更新しました。
2016/06/18
卵子提供によって出来た子供に産みの母親の遺伝子は受け継がれない?! ページ更新しました。
2016/06/11
不妊治療に欠かせない着床前診断とは? ページ更新しました。
2016/06/04
不妊の効果のあるお灸のツボの場所とその働きについて ページ更新しました。
2016/05/28
卵子提供をする際、男女の産み分けは可能なの?! ページ更新しました。
Page Top