不妊治療に欠かせない着床前診断とは?

妊活中の人は1度は耳にしたことがあるであろう着床前診断というものが日本の産婦人科などでは行われています。なぜ着床前診断というものを受けなければいけないのでしょう。また、検査方法や費用はどのくらいかかるのでしょうか。

着床前診断が必要な理由は?

着床前診断とは着床する前の受精卵の染色体の遺伝子に異常がないかどうかを調べるものです。着床前診断には二種類あり、着床前遺伝子診断と着床前遺伝子スクリーニングというものです。国によっては流産予防や性別の産み分けのために行われることもあります。

日本では一般的に性別の産み分けに使うことは命の選別だという意見があるためあまり主流ではありません。一般的には体外受精をする時に行われ、女性から採取した卵子と男性から採取した精子を培養液で受精させたものを検査します。受精卵をある程度まで育て、一部を検査し、染色体に異常が見られなければ子宮内に戻されます。体外で行なわれるので痛みなどは感じられませんし、安全性については体外受精の成功率とおなじくらいとされています。

体内に受精卵を戻す前に検査することで、流産の可能性を大幅に引き下げたり、体外妊娠の成功率のアップに影響されます。また、日本産婦人科化学協会では適応条件というものを定めているため、当てはまる場合に申請をし、許可を得ると実施できます。

着床前診断にかかる検査内容と費用は?

着床前診断の検査方法はFLSH法とPCR法の二種類あります。 FLSH法は、染色体を染料で染色した後にら染色体の数や異常を診ます。PCR法は遺伝子を百万倍に増やした後に、遺伝子の配列を調べます。日本のほとんどの医療機関ではFLSH法という検査方法が用いられていることが多いです。検着床前診断を行う回数や病院によって異なりますが、一般的には約50万円から80万円ほど必要です。また検査を行う産婦人科には日本産婦人科化学協会から認可を受けている病院と受けていない病院があります。法律はないので認可がないところでも検査を実施することは可能なのですが、費用は高くなり約100万円ほどになります。

適応条件を満たしていずに検査を受けることができない場合もありますし、費用が高額だという面から、手軽に受けることの出来る検査ではないでしょう。しかし、妊娠を望んでいる夫婦からは妊娠の確率を高める希望となっている大切なけんさです。検査をしたい場合には、不妊治療を行っている産婦人科で検査を行いたいという旨を伝えると良いですね。

INFORMATION

2016/06/25
海外での卵子提供の実態 ページ更新しました。
2016/06/18
卵子提供によって出来た子供に産みの母親の遺伝子は受け継がれない?! ページ更新しました。
2016/06/11
不妊治療に欠かせない着床前診断とは? ページ更新しました。
2016/06/04
不妊の効果のあるお灸のツボの場所とその働きについて ページ更新しました。
2016/05/28
卵子提供をする際、男女の産み分けは可能なの?! ページ更新しました。
Page Top